2020年12月16日

「SANITY SYSTEM」により生成されたオゾンのSARS-CoV-2(新型コロナウイルス)不活化について

イタリアのパドヴァ大学分子医学部にてSANITY SYSTEMで生成したオゾンによる、SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)についての不活化実験が行われ、99.9%の不活化に成功しました。

実験結果の詳細はこちら(PDF)»

実験結果(英語版)(PDF)»



SANITY SYSTEM International 社は、欧州を中心に世界 18 カ国でサービスを展開しており、カーディーラー、医療現場、介護施設、ホテル、ペットショップ、商業施設等多くの場所で利用されています。日本国内でも同様に、サービスステーション(ガソリンスタンド)やカーディーラーでの自動車向け事業を皮切りに各分野でのサービス提供を進めて参ります。

ご購入・お問合せはこちら