オゾンとは? 除菌・消臭のメカニズム

オゾンとは

オゾン(O₃)は、自然界では太陽光により大気中に低濃度(0.025ppm)で存在する気体です。

  • 自然界でのオゾンの効果
  • 自然界では、「海岸」「山」「森林」「草原」「滝」などの大自然の周辺でオゾンの濃度が高く(日差しの強い海岸などで0.03~0.06ppm、森林で0.05~0.1ppmの濃度が観測されています)オゾンの酸化作用により”きれいな澄んだ空気”が発生している。
  • 地球の高度10~50kmの成層圏に2~8ppmのオゾン層があり、太陽からの有害な波長の紫外線を多く吸収し、大気の自浄する働きにより地上の生態系を保護している。

除菌・消臭 のメカニズム

オゾンは3つの酸素原子(O)からなる酸素(O2)の同素体です。O₃の状態は極めて不安定な性質のため、3つの酸素原子のうちの一つを他の物質に与えて通常空気中にある酸素分子(安定状態のO2)になろうとする性質(酸化作用)があります。

そのため、強い酸化力を持つのが特徴で、酸化力は化学物質の中でフッ素に次いで二番目に強く、過酸化水素、塩素、次亜塩素酸より強い酸化力を持っています。
[参考]酸化還元電位(V)フッ素→2.87、オゾン→2.07、次亜塩素酸→1.63、塩素→1.36、酸素→0.82

空気中や物質表面の細菌や臭いの元になる物質を酸化させ、同時に細胞膜を破壊することで殺菌する効果を持ちます。